蒲田駅直結のかまた眼科クリニック。土・日・祝日も診療。白内障・緑内障・網膜疾患の早期発見。コンタクトレンズ処方。目のことでお悩みなら、お気軽にかまた眼科クリニックまでお越しください。

ドライアイ

  • HOME »
  • ドライアイ

   症状

「目が乾く」という感覚以外にも、「目がゴロゴロする」「まぶしい」「目が痛い」「充血する」などの不定愁訴を感じることが多いです。 また、「コンタクトをつけると痛い」「ものがかすんで見える」などの症状があります。

近年では、ドライアイで視力低下を引き起こすことがわかってきました。
「歳のせいで視力が落ちてきたかな?」という方が、ドライアイのケアで視力が回復することもあります。

下記の症状がある場合はドライアイかもしれません。疲れ目

  • 目が疲れる
  • 目に不快感がある
  • 目がヒリヒリ痛い
  • 目が赤い
  • 朝目が開けにくい
  • 目がくしゃくしゃする
  • 白っぽい目ヤニがでる
  • なんとなく見辛い
  • 最近少し視力が低下したようだ

   原因

涙の異常が原因です。 涙は泣いた時や、目にゴミが入った時だけに出るものではありません。 常に目の表面に涙はあり、カバーのような役割をしています。

涙が不足する原因として「不完全なまばたき」 「コンタクトレンズの装用」 「VDT症候群」 「空調」などさまざまです。 また、涙液層の異常などを起こす状態や疾患として、シェーグレン症候群、スティーブ・ジョンソン症候群、マイボーム腺梗塞なども、ドライアイの原因となります。

 

   治療

  • ドライアイの目薬と涙点プラグ自覚症状があれば眼科を受診しましょう。 涙の量を量るシルマーテストや、涙の安定性、目の表面の角膜や結膜の状態をみます。 いずれも短時間で、強い痛みなどはありません。
  • 保湿のための点眼(精製ヒアルロン酸ナトリウム点眼液、ジクアホソルナトリウム点眼液、レバミピド懸濁点眼液など)のほか、涙に近い「人口涙液」を使った生理食塩水の点眼、抗菌剤やビタミン剤の入った軟膏を使います。
  • 近年では「涙点プラグ」という治療が保険適応となりました。 これは、涙の流出口に小さなシリコーン製のプラグ(栓)を差し込むことにより、涙を目の表面にため、ドライアイを治療、軽減するという治療です。
  • 涙の蒸発を防ぐ「ドライアイ用メガネ」も市販されています。フレーム側面の保湿タンクに水を注ぐと、水が容器内の小さな穴から蒸発し、眼の周囲に適度な湿気を保ち、眼の周囲の潤いを長時間キープすることができます。

ご予約|お問い合わせ TEL 03-5480-0833 10:00~13:30 15:00~19:00
土・日・祝日・毎日診療

オンライン予約

WEB予約

診療受付時間

診療受付時間

毎日診療

PAGETOP
Copyright © Kamata eye clinic All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.