蒲田駅直結のかまた眼科クリニック。土・日・祝日も診療。白内障・緑内障・網膜疾患の早期発見。コンタクトレンズ処方。目のことでお悩みなら、お気軽にかまた眼科クリニックまでお越しください。

ものもらい(麦粒腫)

  • HOME »
  • ものもらい(麦粒腫)

   症状

まぶたの縁の一部に赤みが出現し、腫れ・痛み・充血・目のむくみをきたします。
化膿が進むと、腫れた部分が自然に破れて膿が出ることがあります。膿が出てしまえば、その後症状は回復に向かいます。

   原因

細菌感染によるまぶたの化膿性炎症です。汗を出す腺や、まつげの毛根に感染した場合を外麦粒腫、マイボーム腺の感染を内麦粒腫と呼びます。

   治療

抗菌薬の全身投与および点眼薬、眼軟膏を使用します。化膿が進み、腫れた部分から自然に膿が出ることで自然軽快もみられますが、自然軽快がみられない場合は切開、排膿を行ないます。

ご予約|お問い合わせ TEL 03-5480-0833 10:00~13:30 15:00~19:00土・日・祝日・毎日診療

4月4~5日,11~12日の診療について

グランデュオ蒲田は新型コロナウイルス感染拡大防止のため4/12(日)までの週末は一部食品フロアの短縮営業を除き臨時休業となります。
そのため当クリニックにおきましても、4/4(土)4/5(日)4/11(土)4/12(日)は臨時休診とさせていただきます。
皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

オンライン予約

WEB予約

診療受付時間

診療受付時間

毎日診療

PAGETOP
Copyright © Kamata eye clinic All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.