蒲田駅直結のかまた眼科クリニック。土・日・祝日も診療。白内障・緑内障・網膜疾患の早期発見。コンタクトレンズ処方。目のことでお悩みなら、お気軽にかまた眼科クリニックまでお越しください。

ものもらい(麦粒腫)

  • HOME »
  • ものもらい(麦粒腫)

   症状

まぶたの縁の一部に赤みが出現し、腫れ・痛み・充血・目のむくみをきたします。
化膿が進むと、腫れた部分が自然に破れて膿が出ることがあります。膿が出てしまえば、その後症状は回復に向かいます。

   原因

細菌感染によるまぶたの化膿性炎症です。汗を出す腺や、まつげの毛根に感染した場合を外麦粒腫、マイボーム腺の感染を内麦粒腫と呼びます。

   治療

抗菌薬の全身投与および点眼薬、眼軟膏を使用します。化膿が進み、腫れた部分から自然に膿が出ることで自然軽快もみられますが、自然軽快がみられない場合は切開、排膿を行ないます。

ご予約|お問い合わせ TEL 03-5480-0833 10:00~13:30 15:00~19:00
土・日・祝日・毎日診療

オンライン予約

WEB予約

診療受付時間

診療受付時間

毎日診療

PAGETOP
Copyright © Kamata eye clinic All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.